2006年07月21日

山本耕史 オーラの泉

オーラの泉のお客様に山本耕史がきた


わたしは山本耕史という役者は知らなかった


ただ、プロの芸能人のオーラは感じた
顔がはっきりと目に残って、一般人とはちがう。
なにかやりそうな期待感は感じる。


しかし、そいつが

あの「新撰組」の土方歳三だと気づいてマッハでがっくし


あのイタすぎる新撰組

少年マンガ的新撰組

中学生新撰組



「こんな童顔の役者、土方歳三に使うなよ!!!」


とテレビにむかって拳かためとりました。

あれ作ったやつ、本気で襟首つかまえて説教したい。



オーラの泉で美輪明宏と江原啓之の言うには

山本耕史は前世はお小姓と役者

両方とも「美しかったため、年をとることを恐れていた人生」

ということで早死にしていたらしい。


美輪「プライドを傷つけられるのがすごく嫌いなのよ」

今世は若く美しくなくてもやっていける世界に来た、ということらしい。


でもね。

新撰組のトシさんなんてかっちょいい役をやっていてはダメなのよ!



世の誰も頼んでいないが、わたしが山本耕史をコーチするなら、

絶対みっともない役からやらせる。

電車男みたいな。蒲田行進曲の銀ちゃんとヤスだったら、絶対ヤス。


かっこいい男がかっこいい役をかっこつけてやったら面白くもなんともない。
かっこいい男が真剣にみっともない役をやったら、ギラッと格好よさがこぼれ出てくる。

逆にお笑いのヒトなどすごいカッコいい顔をする時がある。
柄本明なんてすさまじいくらい凄みのある顔をする。
むちゃくちゃかっこいい。

江原さんもいってました。

「カッコよさではなく美をめざしましょう」


山本耕史は「英語できたら主役あげる」という口約束だけを信じて
いっきにアメリカにわたって1ヶ月で英語をマスターしてきたという集中力の持ち主。
対談を聞いていても、すごく芝居好きを感じます。

ガンバレ山本耕史、やすっぽくなるな!


posted by lio at 16:13| Comment(29) | TrackBack(0) | だいちゅきテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。