2006年01月31日

すごいなー『雪の女王』

いったい、どうしたことでしょう?


最近のドラマはどんどん幼児化し、バカになっていくのに


アニメは難しくなっていく



NHKのアニメ『雪の女王』


雪の女王にさらわれた幼馴染カイをさがして、少女ゲルダは艱難辛苦の旅を続ける。途中、道連れの吟遊詩人ラギを失ってしまうが、彼女はついに雪の女王のもとにたどりつく。

しかし、カイは――





はじめはとても「ついていけない」センスのアニメだと思ってました。

狂言まわしのトロルの半端なギャグシーン、主人公もたまにギャグを演じますが、痛すぎ。


しかし、敵の魔王が出てきたあたりから、おもちろくなってまいりました。



雪の女王は、よみがえりつつある魔王と戦っていた。百年前とじこめた魔王が鏡を壊し、封印のパズルを破壊していた。

その鏡の破片は世界中に散って、偶然、カイの胸に刺さった。その破片を受けたものは苦しみのあまり、悪をめざすようになる。


女王はカイを救うため、彼を連れ去ったのだった。

しかし、そのためにカイは記憶をうしなってしまい、命がけで会いに来たゲルダを覚えていなかった。


カイはゲルダを無視して、魔王をとじこめるパズルを修復していた……。



魔王のセリフがかっこいーんですよ。ちょっと忘れちゃったけど



「苦しきことよ……わずらわしきことよ、またわが手に力が戻ってくる。……

……雪の女王よ。この愚か者、殺したいほどあなたを愛しているのです」



あたちの子どもの頃は
敵の大王はみんな「ぐわはははは、ばかめえー」と大笑いしていました。


もう、子供向けアニメとは思えないセンス。


この魔王の名が「愚か者

名前からして寓意的



いま、ゲルダの旅も終わり、物語の佳境ですからぜひ、

ごらんください( ̄Д ̄)ノ




posted by lio at 15:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本のアニメは世界に誇れるソフト産業!
いつかキャラグッズで大儲けをいっしょに企みましょう!
Posted by ティガ at 2006年02月07日 14:26
きゃーヾ(@^▽^@)ノ
tigaさま

こっちにいらしてくれてたんですか!
うれしいですーっ

キャラグッズ
おお、やりましょー
夢がひろがるなー
Posted by lio at 2006年02月08日 11:54
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 15:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。