2006年07月18日

西田敏行 巧名が辻

巧名が辻

けっこうハマっております。


前回、西田敏行の徳川家康を見たのですが


すごい


か、かっこいー!

すごくタヌキ家康を想像させます! 


西田敏行は「おんな太閤記」以来、好きな役者でした。
あの秀吉、とっても人好きのするキャラで見てて楽しかった。


しかし、どーも同じキャラの役が多くて飽きていました。

たしか、おんな太閤記の直後に、正反対の役をやろうとして山之内一豊をやったように思います。

役作りの作意ばかり目立って、ちっともよくなかった。人物を感じませんでした。


「学校」もなんか同じキャラっぽくて、イマイチ。


「あーん、この人、成長止まっちゃったの?」


とさびしい思いがしていました。


が、今度の家康はすごい。

家康の貫禄とずるさと気の小ささ。

すごく想像させてくれます。

テレビの前でウマイっと声をかけてしまいました。


柄本明、あんななめた芝居していると負けちゃうよ。

次回も楽しみ


















【関連する記事】
posted by lio at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | だいちゅきテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20966830

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。